映画・テレビ

2009年12月 7日 (月)

「沈まぬ太陽」読了!③

ひっぱるなーこれで…。

ということで、沈まぬ太陽の映画を観てきました!

 

結論から言いますと

「原作に勝る映画ナシ!」

でした

 

確かに映画の途中、何度か涙しましたが

渡辺謙さんの演技もよかったのですが

やっぱり、原作には敵わない

 

ちょっと前は「20世紀少年

その前は「三国志(レッド・クリフ)

少し前は「亡国のイージス

 

いずれも原作を読んでの、いざ映画へ!でしたが

「20世紀少年」は、「コピーに徹した」というだけあり、まずまず。

但し、ラストには、私は否定的です

「レッド・クリフ」と「亡国のイージス」は、かなり残念でした…

 

で、「沈まぬ太陽」も、途中10分の休憩が入る3時間半の大作でしたが、

やはり小説5巻分の迫力には敵いませんでした

一番の差は、各場面で余韻に浸れなかったこと。

また、日航の協力を得られず(当たり前か)、飛行機のシーンはすべてCGだったのも、映画の迫力を欠いたものとなってしまいました。

 

って、ここまで書いて、3回もブログで引っ張ってしまったので、

ここで「沈まぬ太陽」クイズ!(なんじゃ、この誤魔化し様は?

 

ニューヨークの動物園では、

「the most dangerous animal in the world」と掲示された

「世界で最も危険な動物」を見ることができます。

かなり危険な動物なので、鏡を通してでしか見られなくなっているようです。

それは何?

 

原作を読むか、映画を観るか、ニューヨークの動物園に行くかで解ります

解った方は、タシロまで。消しゴム1コ進呈します(それだけ?)

 

 

ということで、「沈まぬ太陽」。原作はお勧めです。つらいですけど。

以上、「沈まぬ太陽」読了!3部作でした。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

週末は映画の日

最近の日曜日は、専ら、映画(といってもビデオですが)を観ています。

今週は、

「不都合な真実」を観ました。

「地球温暖化」をテーマにしたドキュメンタリーですが、

「地球温暖化」って、それだけじゃなく、

最近、間違いなく、地球、怒ってるよなーって思います。

そういえば、最近は、「アシアナ」とか「ロード・オブ・ウォー」とか

「ナイロビの蜂」とか、結構、深刻なものを観ていて、

イカンなー人間って思います。

宮沢賢治をして

社会全体の幸福なしに、個人の幸福はありえない

と言わしめた、この言葉。

そーだよなー、そーだよなーって、いつも思います。

って、話がどこにいこうとしているのか、わからなくなったので、

今日は帰ります。

あっ、あともう1本、「犬神家の一族」を観ました。

あの白いマスクが、めちゃくちゃ恐怖心を煽りますが、

うーん、やっぱり名作ですね。

深かった!

でも、白いマスク、思い出すと、ちょっと怖いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)