« 2011年「今年の漢字」に応募しよう! | トップページ | 初石校の進学決定合格第2号! »

2011年11月19日 (土)

「スティーブ・ジョブズⅠ・Ⅱ」読みました! その21

私、昨年の5月にアイフォーンmobilephoneにしました。

当時、マインズの中学生がよく使っていた、アイポッド(ipod)のなんたるかが、

よくわかっていなく、そこに、ipod nano やら、 ipod touch やら、itunesやら…sweat02

これは、そういう世代と接している身としては、まずいだろうと、危機感を覚え、

いろんな人に話を聞いたり、調べたりして、

「じゃあ、ipodが入っているiphoneを買おうじゃないかgood!」

という、ご都合主義の結論に達したのでした。coldsweats01

 

あれから、1年半。

すっかり、アップル社appleに魅せられ、

それを創ったスティーブ・ジョブズ氏に興味を持ち、

雑誌で特集が組まれていると、それを購入し、目を通したりしていました。

 

で、先月の10月6日の訃報。

iphone4Sの予約受付日が10月4日から、だったので、その直後のことでした。

「4S」は「For Steve」じゃないか、と噂され(アップル社はこれを否定しています。)

私はその解釈を了とし、またもやご都合主義で機種変更してしまいましたgood

(ちなみに、初石校の先生のうち3人は4Sホルダーで、あと1名は購入待ちですsweat01。)

 

という流れからの、彼の伝記「スティーブ・ジョブズ Ⅰ・Ⅱ」。読みました。

034533611 034533621



私、歴史は好きなのですが、

「伝記」というジャンルがあまり好きではないんですsweat02

何といいますか、敷居が高い、というか、

「この人の伝記を読んで、参考にしなさいbook。」と言われても、

あまりにもその対象者が輝きすぎていて、

「いやーなんか初めから15ゲーム差くらいついていて、追いつけそうにないっすsweat02。」

って、具合になってしまうんですcoldsweats01

 

けれども、今回の伝記は、そんなことはありませんでした。

彼は、ボロボロ泣きもすれば、怒鳴りもし、人に散々悪態もつくし、

同僚は、「ヒーロー」か「まぬけ」の二分法(その評価が一夜にして変わることもある)。

製品も「史上最高」でなければ「お粗末」という具合に、

かなり極端な人のようでした。

正直に言って、この人のもとでは、私は働けないだろうな、と思っちゃいましたcoldsweats01

 

それでも、私がこの本から、少なくとも1つ学べたのは、

彼は、彼が作る製品については、「異常なまでに手を抜かないこと」です。

その真摯な姿勢、というか、

もはや熾烈な執着心と言ってもいい状況は、本書を読んでもらえればと思うのですが、

私が持っているアイフォーンは、製品そのものの細部に至るまでは、当然として、

(文字通りのねじ1本まで、ですcoldsweats02

同梱されているイヤフォーンの色、素材、

それから、何と、製品を入れる箱にまで、彼が細かく指示を出しているそうです。

もちろん、今まで、彼が送り出してきた、マッキントッシュ(というコンピューター)、

ipod iphone ipad などの製品も、皆、同じです。

それから、銀座、渋谷にある、アップルストアの建物についても、

そのデザイン、建物の壁、階段、床の素材、色にも、口を出しています。

 

ちなみに、彼は、ピクサーも立ち上げて、「トイストーリー」をヒットさせ、

「バグズライフ」「ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」「カーズ」にも

深く関わっていることが、本書でよくわかります。

「バグズライフ」と同時期に上映していた「アンツ」との内幕も、実はすざましかったsweat01

 

生まれてすぐに養子に出されるという出生から始まり、

創業したアップル社を一度は追いだされるも、またカムバックし、立て直し、

そして現在に至り、つい先日の死。

決してまねできる人物ではない、ということは、「伝記」のくくりと一緒でしたが、

「仕事に対する情熱」については、改めて考えさせてくれる本でした。

 

今まで読んだ伝記とは違う「等身大の」偉人伝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 2011年「今年の漢字」に応募しよう! | トップページ | 初石校の進学決定合格第2号! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/257170/43054472

この記事へのトラックバック一覧です: 「スティーブ・ジョブズⅠ・Ⅱ」読みました! その21:

« 2011年「今年の漢字」に応募しよう! | トップページ | 初石校の進学決定合格第2号! »