« 麗澤高校の説明会に行ってきました! | トップページ | 土曜日はアツかった!!で、「卒業生に聞いてみよう!」お知らせ »

2011年10月 7日 (金)

「塩野七生『ローマ人の物語』スペシャルガイドブック」読みました!その18

…。

すみませんsweat02。やってしまいましたsweat01

1ヶ月に2冊の書評をブログに載せる目標が…bearing

 

でも、ダメだったからといって、全てをやめてしまうのもなんなので、

「継続は力なり」で、あと3ヶ月。がんばりますgood

(ハート強っ!sweat01

 

ということで、今回は、前回に引き続き

「塩野七生『ローマ人の物語』スペシャルガイドブック」読みました!

Photo

いうなれば、今までの全15巻の総集編ですrock

それが、743円で楽しめるのだから、これはこれで素晴らしい本です。

 

読みながら、「ああそういうことあったなhappy01。」と、よい復習になりました。

ここでは、ローマ人の名言をご紹介。

 

ローマの天才・英雄、ユリウス・カエサル

「人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えているわけではない。

多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない。」

ため息の出る名言です。解説不要です。

 

五賢帝のひとり、アントニヌス・ピウス

「責任を果たしていない者が報酬をもらいつづけることほど、

国家にとって残酷で無駄な行為はない。」

今の行政に関わる人たちに、かみしめてもらいたい言葉ですねpunch

 

街道沿いに作られたある墓碑(ぼひ)の碑文だそうです。

要は、無名のローマ人のお墓に彫られた言葉です。

「これを読む人に告ぐ。健康で人を愛して生きよ、あなたがここに入るまでの

すべての日々を。」

いいですね。古代の人なのに、親近感があります。健全な精神が垣間見られます。

 

 

「ローマの女の鑑(かがみ)」といわれた、グラックス兄弟の母、コルネリア

「子は、母の胎内で育つだけでなく、母親のとりしきる食卓の会話でも育つ」

これ、個人的には、的を射ているような気がします。

深いgood

 

 

と、どうですかね。やっぱりローマ帝国はすごかったと思います。

 

で、この本ですが、実は旅行のガイドブック的な要素もあり、

よくもまあ、あんなにカラーの写真を載せられたな、と思うくらいの本です。

(それでいて743円happy02!)

史跡はもちろん、ローマ帝国に関係する現在の美術館も詳しく掲載されていて、

この一冊を持って、ローマ帝国巡りができる出来栄えです。

 

 

いやいや、この本からは、ホントに多くのことを学びました。

これを生かすも生かさぬも、今後の自分次第ですねhappy01

 

 

 

 

 

 

|

« 麗澤高校の説明会に行ってきました! | トップページ | 土曜日はアツかった!!で、「卒業生に聞いてみよう!」お知らせ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/257170/42348443

この記事へのトラックバック一覧です: 「塩野七生『ローマ人の物語』スペシャルガイドブック」読みました!その18:

« 麗澤高校の説明会に行ってきました! | トップページ | 土曜日はアツかった!!で、「卒業生に聞いてみよう!」お知らせ »