« 岩手県の大船渡市と陸前高田市に行ってきました。 ①絶望の荒野で | トップページ | 岩手県の大船渡市と陸前高田市に行ってきました。 ③希望のかもめ »

2011年5月10日 (火)

岩手県の大船渡市と陸前高田市に行ってきました。 ②運命のライン

前回のブログの続きです。

マインズのもうひとつの教室がある大船渡市にも足を運びました。

マインズ大船渡校は、初石校同様、2階にあり、

1階は浸水してしまいましたが、2階は難を免れました。

また、盛町という土地も、大船渡湾からの津波の難を免れたギリギリのラインでした。

 

で、街の状況ですが、

①陸前高田から、大船渡に向かう途中の景色。

116  

↓メチャクチャになっているマイクロバス(中央)

117   

↓手前の軽自動車も。人が乗っていなかったことを祈るばかりだ。

118  

168

 

②陸前高田から車で20~30分程度のところにある大船渡市。典型的なリアス式海岸の、するどく切り入った湾を囲むように町がある。ここも、うんざりする景色が眼前に広がっていた。 

120  

 

③「ここは廃線だったところですか?」と聞くと、「ここが大船渡線だったんです。」と答えが返ってきた。

121

↓振り返って撮った写真。全部津波でやられた。ちなみにこの前後で、車を運転していて、カーナビから聞こえてくる「まもなく踏み切りです。」という案内に対して、「ないし!」とツッコミを入れた回数が何回か覚えていない。 

122  

 

④きれいに見えるが、奥の車をみると、ここまで津波が押し寄せたのが分かる。 

123  

 

⑤民家の壁に乗り上げた漁船。2ヶ月経ってもこのまま。

125   

 

⑥このトラックも津波で乗り上げてしまったまま。

133   

 

⑦大きな船は残されたままの大船渡湾付近。

138   

 

⑧2年前に泊まった大船渡のプラザホテル。

146   

 

⑨まだボランティアも入れない状態の湾付近。

156  

  

⑩ある一線を境に、津波の被害を免れたところと、そうでないところがくっきりと分かる。海水で枯れている草々の直線を見たときには、まさに「運命の線(ライン)」と思った。

171  

 

次回は、現地に行ってみて、思ったことを、考えたことをつづってみようと思います。

 

 

 

 

 

 

|

« 岩手県の大船渡市と陸前高田市に行ってきました。 ①絶望の荒野で | トップページ | 岩手県の大船渡市と陸前高田市に行ってきました。 ③希望のかもめ »

震災関連(教室からのお知らせ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/257170/39940814

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手県の大船渡市と陸前高田市に行ってきました。 ②運命のライン:

« 岩手県の大船渡市と陸前高田市に行ってきました。 ①絶望の荒野で | トップページ | 岩手県の大船渡市と陸前高田市に行ってきました。 ③希望のかもめ »